経営理念

Management philosophy

経営理念

Management philosophy

カツシロは鋼板加工メーカーとして世界中のお客様に満足していただける製品と技術およびサービスの提供を全員で実現する。
社員全員はチャレンジ精神に徹し、限りなき未来への可能性に挑戦し、社会への貢献を目指します。

代表メッセージ

当社は、1962年に大阪市城東区にて厚鋼板鎔断業として創業以来、建設機械の部品生産に取り組み、世界有数の建設機械メーカー様に部品を供給し、成長を遂げてまいりました。市場のグローバル化に対応し、米国・中国・インドネシア・タイ・メキシコ・インドの6カ国に生産拠点を拡大し事業を展開しております。

2013年2月には創業50周年を迎えることができ、これもひとえに、当社と関わるすべてのステークホルダーの皆様のご支援ご協力の賜物と、深く感謝いたしております。

これからも当社はお客様の声に耳を傾け、持続的に成長できる企業を目指していきます。
今後とも、皆様の一層のご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 勝代 潤

基本方針

経営理念を実現し、具体的に実践する企業活動の一環としてISO9001、ISO14001、ISO45001マネジメントシステムを構築し、以下の「基本方針」を定めて、 事業活動に取り組む。

  1. 品質第一に徹し、全員参加で顧客の信頼と満足を得る製品・サービスの提供を実現する。
  2. 鋼板加工技術の改善、開発を行い、ライフサイクルを考慮した品質向上、コスト低減及び資源の有効活用に努める。
  3. 法規制及び当社が同意するその他の要求事項及び当社の自主規制を遵守する。
  4. 品質・環境パフォーマンスを向上させるマネジメントシステムの運用の有効性と適切性を持続させるために、継続的改善を行う。
  5. 年度目標を設定し、品質向上、環境負荷の低減、環境汚染の予防に取組む。
  6. 2018年10月1日
    カツシロマテックス株式会社
    代表取締役社長 勝代潤
2022年度 社長方針

 2020年、21年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今までにない生活や仕事の環境が著しく変化をした2年間ではなかったでしょうか。また、2020年に開催延期しておりました東京オリンピックも21年に無観客開催となりましたが、今でも日本人選手の活躍と感動が心に残っております。漸く21年10月末頃からコロナ感染者も減少傾向になってきており、徐々に病院や外食産業も日常状態に戻りつつありますが、コロナウイルスは完全に終息しておりませんので、引き続き、感染対策を徹底して、3密避け感染防止策の徹底を実施し、再び感染者が拡大しないことを祈念しております。
昨今、皆さんもSDGs・ESG・カーボンニュートラル等の社会・環境問題に関する言葉をお聞きする機会が多くなったと思いますが、社会・環境問題はまさに全世界で取り組まなければならない課題となりました。当社も持続可能な社会の実現のために現状把握を行い、積極的に目標設定をし、改善・削減に取り組んでいきます。
当社を取り巻く建機業界は、2020年8月頃から新型コロナウイルスの反動もあり急激に回復し、来年も引き続き、好調に推移すると思われますが、原点に戻り、安全を何事にも最優先に行い、従業員の健康とコンプライアンスを遵守し、「5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)・4K(決められた事を・決められた通り・きちんとやる・確認する)」を基本に、環境との調和・働き方改革・文化活動など広く社会との共生をはかり、社会に貢献できる企業を目指します。

    基本方針
    • 安全・安心・健康で・明るい・楽しい・働きたいと思う幸福感のある職場や環境作りを行う。
    • 「人材」は会社の「宝」であり、人材の育成・教育を行う。
    • 「品質」は会社の「命」であり、お客様に信頼される製品作りを行う。
    • お客様から必要な会社、なくてはならない会社を目指す。
    • 社員全員が「スピード、チェンジ、チャレンジ、プラン、コンティニオンス」精神でどんな事にも前向きに積極的に取り組む。
    安全衛生
    • 「ゼロ災」活動の継続的な強化を図る。
    • 災害・怪我を想定した対応方法の標準書を作成し、訓練を実施する。(災害発生時に最小限に抑える)。
    • 安全同乗のリニューアルを実施する。
    • 2025年2月22日 敷地内全面禁煙に向けた計画を作成し、推進する。
    品質
    • 不具合ゼロに向けた本気の活動を推進する(各部署からゼロ重点実施作業を宣言)。
    • 重大不具合の未然防止活動を行う。(ラインストップゼロ)
    • 再発防止活動の徹底を図る。(過去不具合対策の実施状況の確認)
    • 初品、工程変更での納入時不具合をゼロにする。
    販売
    • 既存ユーザー・新規ユーザーの積極的な拡販活動を行う。
    • お客様のニーズ・シーズを把握しさらなる拡販を行う。
    • 国内・海外での地域別・業種別のマップを作成し、拡販活動を立案、実施する。
    原価
    • 仕掛品・完成品在庫のリードタイムの短縮・発注方法の見直し、在庫30%低減を行う。(3つ必要)
    • 出来高管理(出来高の見える化)を行い、生産性と合理化改善を実施し、生産性30%向上を行う。
    • KGS(カツシロ・グローバル生産管理システム)の更なる活用と改善を図る。
    生産技術
    • 積極的な新規設備導入を行い、自動化・省人化・省力化を図り生産性向上を目指す。
    • 先端技術や新技術の導入を行い、生産性向上を図る
    • 新出荷場の構想と運用開始を行う。
    人材・教育・環境
    • 社員一人ひとりが、新しい目標・目的を持ち新しいことにチャレンジする。
    • 将来に向けた管理監督者や階層別教育を実施する。
    • ゼロ災サークル・QCサークル・技能大会の実施・活性化を図る。
    • 技能向上と熟練技術の伝承活動の推進を図る。(技能資格の取得)
    • 改善提案・ヒヤリハットの推進と活性化を行う。
    環境
    • 職場作業環境改善を実施し、働きやすい環境作りを行う(危険、重い、粉塵、汚い、暑い、等)
    • 二酸化炭素削減のために最適な生産方法の検討と改善を行う。
    海外工場
    • 安全活動と品質改善活動の強化を行う。
    • 作業環境改善と社会環境改善に取り組む。
    • 自動化・省人化・省力化を図り生産性向上を目指す。
    • KGSの運用活用と有効活用の支援を行う。
安全への取り込み
『安全は全てに優先する』ことを基本方針とし、「安全で安心な職場づくり」を目指して従業員が一丸となり、リスクの洗い出し及び低減を推進すると共に安全意識の高揚に取り組んでいます。

安全衛生方針

「安全は全てに優先する」ことを全員が認識し、「安全で安心な職場づくり」を目指し良好なコミュニケーションのもと従業員一人一人の安全意識の高揚に努めます。

  1. カツシロは、まず第一に「従業員が安全で安心して働くことのできる職場環境を確保する」ことに努める
  2. カツシロは、上記の実現に向けて、全員が一致協力して「積極的な安全衛生・健康管理活動」を推進する
  3. カツシロの各部門責任者は、上記を最優先課題として認識し、引率垂範して活動する。
行動方針
  1. 指差呼称を推進し規律を保ち安全な職場環境を構築します。
  2. 設計・調達・製造のあらゆる段階においてリスクの低減に取組み、労働災害の防止を推進します。
  3. 4S - 4Kを遵守し安全衛生関係法令。社内規律も従った安全衛生管理を推進します。
  4. 従業員の心とからだの健康保持増進に向けた環境設備と機会提供を推進します。
  5. 行動方針実行のため、妥当かつ適切な人材と、ものなどの経営資源を活用します。

2018年10月1日 カツシロマテックス株式会社 代表取締役社長 勝代 潤